遣る事を遣らず、国民の生活を踏みにじるのが仕事の政治家

政治家は結局自分の身は切らず国民負担の消費税増税を強行する予定だ。公務員の給与減の事だってなぜか2年間と言う限定付きでお茶を濁した。そして税と社会保障の一体改革なんてな大層な事を言うけど、総額で幾ら要るのか明らかに出来ない、使途の詳細も明らかに出来ない、兎に角増税だ、不退転だ、政治生命だと、一体全体何を喚いているのだ、訳が判らない。どうせ増税したら又人気取りにバラ撒きでも考えているんじゃないの。

更に国会議員の定数削減や歳費削減等遣るつもりはこれっぽっちも無いと言うのが「みんなの党」を除く全与野党議員の実態だ。何が「国民の生活が第一」の政治だ、大嘘吐き共め。国会議員が皆で決めれば、直ぐにでもまとまる事柄であり、公務員改革よりずっと容易いことだと思っている。橋下市長、石原都知事やみんなの党が「行革が一番」を旗頭に選挙に臨んで呉れる事を祈るのみだ。評論家、マスコミは報道しないのは当然だけど、何故国民はこんな不公平を怒らないのか不思議だ。日本人男子は皆去勢されており少子化は無理も無い。

Post a comment

Private comment

プロフィール

latecchan

Author:latecchan

カテゴリー
最新記事
コメント
メール

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ラテッチャンのつぶやきQRコード
QR
FC2カウンター